医療機関様向け|医療用ヒト幹細胞培養上清液の院内利用やドクターズコスメ開発をご検討の際はMDSへ

分子標的薬や抗がん剤の個人輸入からがん免疫療法やがんDNA検査等最新のがん治療サポートはメディカル・ダイバーシティ・サポートへ未承認医薬品・医療機器の個人輸入はメディカル・ダイバーシティ・サポートへヒト幹細胞培養上清液のお問い合わせ最新のがんDNA検査や免疫療法等トータルサポート|MDS初めてMDSのサービスをご利用される際はこちら個人輸入における薬事法や薬監証明について及びよくあるご質問MDSの企業理念と会社概要english
HOME >  ヒト幹細胞培養上清液:医療機関様向け    
 
未承認医薬品・医療機器の個人輸入サポートはこちら
医薬品・医療機器の個人輸入:お医者様・歯科医師様・獣医師様の治療用
臨床研究用など企業様向け医薬品・医療機器の個人輸入はこちら

ヒト幹細胞培養上清液のお問い合わせはこちらから



がん治療をサポートするうえでの各種サービス
がん治療サポートTOPページ
最新のがんDNA血液検査のお問い合わせ
がん免疫細胞療法はこちら

ご注文方法
個人輸入サービスご利用時の流れ
その他サービスご利用時の流れ

お問い合わせ
お医者様・企業様用:お問い合わせフォーム
患者様・個人様用お問い合わせフォーム



全ての医療分野でご利用頂ける、医療機関様専用のヒト幹細胞培養液のご紹介は株式会社メディカル・ダイバーシティ・サポートが日本国内よりお届けいたします。当社では用途に合わせて人脂肪由来幹細胞培養上清・人歯髄由来幹細胞培養上清など複数ご紹介を致しております。違いや特徴につきましてはスタッフまでご相談ください。幹細胞培養上清液の医療機関における使用例|注射剤:点滴注射、皮下・関節内・損傷部位への局所投与 ,外用剤:塗布・噴霧による投与,化粧品:ヒト幹細胞培養エキスを配合した化粧品(院内調剤薬)


医療用の高品質な成長因子を含む人幹細胞培養上清液(ヒト由来幹細胞培養上清液)をお探しの医療機関様はメディカル・ダイバーシティ・サポートへまでお問い合わせ下さい
日本製の高品質な医療用ヒト幹細胞培養上清液(ヒト由来幹細胞培養上清液)をお探しの医療機関様はMDSへご連絡ください。全ての医療分野でご利用頂けます。



医療用ヒト幹細胞培養エキスとは 医療用|ヒト幹細胞培養上清液とは
ヒト幹細胞培養上清液(培養液)とは、人の体内に存在する間葉系幹細胞(脂肪・乳歯・骨髄・臍帯)を培養した際に、分泌された
生理活性物質から細胞を取り除いた上澄みに各種処理を施したもので、成長因子やサイトカインなどが豊富に含まれています。

サイトカインとは、細胞から分泌されるタンパク質で、細胞同士の情報伝達のほか、細胞の増殖、分化、創傷治癒などに関係してい
ます。特に、損傷を受けた組織や細胞の機能回復に重要な役割を果たします。

そのサイトカインを豊富に含むヒト幹細胞培養エキスは、免疫力の強化・維持、炎症の調節機能、機能が低下した細胞の回復など、
さまざまな健康と美容に対する効果が期待できます。




ヒト幹細胞培養エキスとプラセンタの違い その他成長因子製剤との比較|例:プラセンタ
一方、医療用医薬品であるヒト胎盤エキス(以下、ヒトプラセンタ)にも成長因子などサイトカインが含まれており、肝機能障害や
更年期障害などの病気の治療だけでなく、美容やアンチエイジング目的で利用されています。

しかし、ヒトプラセンタはヒトの胎盤から作られるため、有効性が高い反面、感染症のリスクを完全に取り除くことができません。
そのため、医薬品のヒトプラセンタを投与した患者は献血ができなくなる(※1)など、わずかですが安全面で課題が残っています。
(サプリメントを除く)

なお、ヒトプラセンタは日本では医療用でのみ使用が認められているため、サプリメントや化粧品は、代わりに豚や馬のプラセンタ
を用いたものが使用されています。

どちらも成長因子を含む成分ですが、目的用途によって使い分けが必要なものです。
 (※1) 「ヒト胎盤エキス(プラセンタ)注射剤使用者の献血制限について」 (厚生労働省:平成18年8月24日通知)




ヒト幹細胞培養エキスに含まれる成長因子の一部をご紹介 ヒト幹細胞培養上清液に含まれる成分 
ヒト幹細胞培養上清液には豊富な成長因子が含まれています。 ※下記はサイトカインアレイで測定した代表的なもののみ
HGF 肝細胞増殖因子
GDNF グリア細胞由来神経栄養因子
G-CSF 顆粒球コロニー刺激因子
HB-EGF ヘパリン結合性上皮成長因子
bFGF 塩基性線維芽細胞増殖因子
IGF-1 インスリン様成長因子1
GH 成長ホルモン
NT-3 神経栄養因子3
BDNF 脳由来神経栄養因子
VEGF 血管内皮細胞増殖因子
TGF-α トランスフォーミング増殖α
TNFsRI 腫瘍壊死因子可溶性1型受容体  など




ヒト幹細胞培養エキスの特徴/症例/使用例  ヒト幹細胞培養上清液の特徴|使用例


ヒト幹細胞培養上清液の特徴 ヒト幹細胞培養上清液の特徴

ヒト幹細胞培養上清液の培地は、完全無血清培地(ヒト及び動物由来成分不含)ですので、免疫反応の回避、病原体感染リスクの排除、培養工程の均質化といったメリットが挙げられます。
また、優良な上清液は、その利用方法がアンチエイジングにとどまらず活用されています。
本品は日本の再生医療関連企業が製造する確かな商品です。
個人輸入ではございませんので、日本国内からのお届けとなります 

幹細胞培養液の適応症例を一部ご紹介 医療機関様における使用例の一部をご紹介:様々な医療分野で研究がなされおります

 歯周組織再建 皮膚創傷、 心筋梗塞、 ED、 関節リウマチ、
 劇症肝炎、 毛髪再生、 炎症性腸疾患、 脳虚血障害、 急性腎障害、
 骨欠損、 アトピー性皮膚炎、 アルツハイマー病 美容、抗加齢(アンチエイジング)   等
 

医療機関様における使用方法等につきましては、スタッフまでお問い合わせください。
 





ヒト幹細胞培養エキスの特徴/症例/使用例  ご紹介する由来と注意点について


ヒト幹細胞培養上清液の特徴 人歯髄由来幹細胞培養上清液
   間葉系幹細胞の中では他の由来に比べ、その豊富な成長因子・サイトカインから様々な疾患への応用が検証されています。
    医科・歯科の分野でご利用ください


ヒト幹細胞培養上清液の特徴 人脂由来肪幹細胞培養上清液
   皮膚関連やアンチエイジングに多く利用されています。
    美容・皮膚の分野を中心にご利用ください


ヒト幹細胞培養上清液の特徴 お選び頂く際・ご利用頂く際の注意点
    上清液は、その原料を使用しさえすれば一定程度の上清液ができるという性質のものではございません。確かな技術や
      原料をもとにして、初めて優良な上清液となります。また、使用する由来により特長も異なります。
    幹細胞培養上清液は医薬品ではございません。従いまして、ご利用頂く際は先生の研究用として先生の責任のもと、
      お願い致します。
    その他の
由来にも対応致しておりますので、お問い合わせください。






ヒト幹細胞培養エキスの特徴/症例/使用例  ヒト幹細胞培養上清液の詳しい内容やお問い合わせに関して
◆ お医者様へ ◆
会員様ページ内では安全性を含めた本品に関する詳細や論文
データ等もご紹介致しております。

価格の閲覧やご購入は会員様ページからも可能です。
ご質問は下記お問い合わせフォームよりお願い致します。
お医者様が治療として人由来幹細胞培養上清液をご希望されます際はこちらからお問い合わせください
◆ 企業様へ ◆
幹細胞化粧品のOEMをご検討されていらっしゃいます
企業様は、専用ページをご覧ください。
企業様は、【お医者様用会員様ページ】は閲覧頂けませんので、詳細につきましては下記よりお問い合わせ下さいませ。
幹細胞化粧をのOEMを検討の企業様はこちら 国産の医療用ヒト幹細胞培養上清液をご希望されます企業様はこちらからお問い合わせください







動物薬の個人輸入

特定商取引法プライバシーポリシー|Copyright (C) 2008 Medical Diversity Support All Rights Reserved.